大地を繋ぐ田んぼアートPJ 相馬*山武*横浜 | 福島県相馬市・千葉県山武市・神奈川県横浜市のBANK ARTを繋ぐ色とりどりの田んぼアート制作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 田んぼアートの人 on  | 

種蒔き その1

相馬のサイトウです。引きつづき種蒔きの模様をお伝えします。

種蒔きには相馬現場チーム、通称「相馬のゆかいな仲間たち」の3人が集まりました。
まずは育苗箱への土入れ作業。
今年は、相馬のアート田が約一反、そして横浜Bankart用にも苗が必要です。
相馬用に育苗箱60枚、横浜用には育苗ポットを21枚。
育苗箱には土を入れすぎないように、箱の上端から8割くらいまで、そして表面を摺り切りで均しておきます。
育苗ポットも同じく。

soma_0430_004.jpg

そしていよいよ種蒔きです。その前に、種籾の量が均等になるように一枚あたりの分量を量っておきます。
育苗箱には、土の表面に斑にならないよう手で蒔いていきます。

soma_0430_007.jpg

育苗ポットの方は、ポットのひとつひとつの穴に種籾を3粒〜4粒ずつ入るようにするので、割り箸を使ってまず土に小さな穴を掘っておきます。
細かい作業ですが、決してイジケているわけではありません。

soma_0430_006.jpg

その穴に、種籾を入れていく人。

soma_0430_005.jpg

細かい作業が終わったところで休憩となりました。


Category : 相馬
Posted by 田んぼアートの人 on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://tamboart.blog.fc2.com/tb.php/6-03364286
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。